FX初心者入門

1ドル100円割れは買いか売りか

【著者】 児山 将

6月24日、英国のEU離脱の是非を問う国民投票で、離脱派の勝利が決まりました。

その瞬間、ポンドをはじめとするあらゆる金融商品が下落。
ドル円は2013年11月以来となる2年半ぶりの100円割れとなりました。

【EU離脱】ドル円15分

しかし、100円以下の滞在時間は僅か1分程度。
その後は102円台まで3円も急騰し、再度100円割れを試すも今度は100円を割れた瞬間に買いが殺到することとなりました。

兼ねてから言われていたように、ドル円100円以下では為替介入の可能性が高まることから、ドル円は買いなのでしょうか?

難しい相場状況が続いていますが、複数の材料から答えを探ってみたいと思います。

英国のEU離脱は想定外だった

まず最初に、今回の英国のEU離脱派の勝利は想定外でした。
(参考:英国のEUの離脱に関する投票についてざっくり説明

事前の世論調査では5ポイントほど残留派が優勢となっており、当日も一時離脱派が優勢となったものの残留派が盛り返し、後半の開票では残留派が多い為このまま逃げ切りとなると考えられていました。

その為、ポンド円が1日に30円近く(20%)も大暴落することとなったのです。
しかし、それにしては株価の下落は10%ほどと乖離が激しくなっています。

開票時間のアジア市場で一番狙われた日経平均ですら7%安ほどで終わっています。
(サーキットブレーカー発動の為、これ以上の下落は無いとも考えられますが。。)

欧州市場は英国よりも、フランス、ドイツの株価の下落が目立ちました。

EU投票結果世界の株価

記事執筆時点の27日では、シドニー・アジアの株式市場は堅調だったものの、欧州株式市場は約1%安となっており、不安定さを醸し出しています。

今週、各中央銀行から何も出てこないと、7月1日金曜日は大きく下落。
株価に引きずられるかたちで、再びドル円は100円割れを試すこととなりそうです。

ドル資金供給オペ

Brexit(英国のEU離脱)ショック以降、世界中からドル買い需要が殺到し、ドル不足となっています。

そのことから、ECB、FRBなどの中央銀行がドル供給オペを行う可能性が高まります。
そうなると、市場に資金が潤沢となることから株価にはポジティブ。

しかし、通貨はどうでしょうか。市場に米ドルが大量に供給されるということは、ドルの価値が下がるということですので、ドル円は下落してしまいます。

これまでの円売り介入水準

過去の為替介入の水準を見てみましょう。

時期 水準 結果 財務大臣
2010年9月15日 82円後半 85円まで3円円安 野田佳彦
2011年3月18日 76円後半 86円まで9円の円安 野田佳彦(G7協調介入)
2011年8月5日 76円前半 80円まで4円の円安 野田佳彦
2011年10月31日 75円半ば 79円まで4円の円安 安住淳

ここ最近の為替介入を行ったレートを見てみると、85円以下となっています。
つまり、ドル円が史上最安値付近にあるときということですね。

しかし、今はまだ100円前後。

2016年の企業業績からは大きく乖離してしまいますが、日本経済にとてつもない打撃を受けるということではありません。

ルー財務長官も「市場にはある種の秩序がある 単独での介入は安定を損なう」と発言していますので、100円割れで為替介入があるかというと、その可能性は低そうです。

しかし、日本当局の動きを見ていると、麻生財務大臣をはじめとする要人の発言も目立ってきており、介入警戒感が高まることは必須。

短期では100円割れで買って介入への思惑で急騰待ち。
中期では、100割れで急騰したところ(101円半ばくらいか)を売るというのが望ましいのではないでしょうか。

フッターバナー

top