FX初心者入門

仲値(なかね)

【著者】 児山 将

基準レート=仲値

仲値(なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨(外貨)取引の際に使用する基準レートのことです。

刻一刻と動く為替レートを、取引のたびに銀行に問い合わせて決めていては大変です。
そこで、どこかのタイミングでその日の取引レートを決めてしまおうということになり、仲値という制度ができました。
この仲値が決まる時間が、日本時間の9時55分です。

外国為替市場(インターバンク市場)の取引レートを基準にして金融機関ごとに決定されますが、現在は三菱東京UFJ銀行のレートが主な基準となっているようです。

仲値で決定された取引レートは、その後、余程大きな為替変動がない限り、その日一日の間適用されることになります。
『余程大きな為替変動』ということに関しましては、仲値から1円以上の変動ということになります。その為、1円以上の変動があった場合には、大きく損をする人と大きく得をする人が出てきてしまうために、仲値は【公表停止】となり、改めて仲値の決定が行われます。


ゴトー日の仲値不足

ゴトー日とは、510日とかくことができます。どういうことかというと、日本の貿易企業では、取引先への支払いをドル建てで決済する場合がほとんどです。その決済日が5や10のつく日(いわゆるゴトー日)となるために、その日に円をドルに両替します。

そのためゴトー日になると、金融機関の保有するドルが不足することがあります。
これを「仲値不足」と呼び、金融機関は仲値不足の解消のために、外国為替市場を通じてドルを購入します。
これによりドル通貨が買われ、ドル円やクロス円は円安方法へ推移し易くなります。

一方、輸出企業は輸入企業と違い当日に外貨へ両替をするようなことはあまりありません。ドル円は歴史的に円高方向に推移していたために、リスクヘッジとして輸出企業が事前に金融機関に為替予約をします。
その為、金融機関は輸出企業へ受け渡すドルが保有残高では不足するため、市場でドルを調達しなければならなくなります。
こういったことが多いので、基本的に仲値前にはドルが不足することが多いようです。

1990年代には、仲値を自分たちにとって有利なレートにするために、多くの市場参加者が投機的にドル円を売買していたようです。
ある日に仲値前に2円以上も乱高下したため、当局から注意されるという事態もあったそうです。

ちなみに、この実需の値動きを生かして、ゴトー日を狙ったトレード手法もあります。
東京時間の8時頃にドル円を買って、10時前に決済をするという方法です。

毎日は気にする必要はありませんが、ゴトー日や月末は仲値に注意した方が良さそうですね。


top