FX初心者入門

ドイツ銀行ショック!Who is next?

【著者】 児山 将

昨日は日本株が好調に上昇したものの、原油価格の下落から始まり、NY市場前にドイツ銀行がヤバいというニュースで全マーケットをなぎ払っていきました。

これでドル円は117.50円から114.20円まで下落し、黒田バズーカ2以来の安値であった115.50円を粉砕。NYダウは-1%に留まったものの、ドイツ銀行が9%安となったドイツDAXは3%以上の下落。

ドル円週足

これを受けて、日経平均は寄り付きからひとたまりもなく下落し-918円安となり、今年一番の下げ幅を記録しました。完全に先日の安値である16000円を割り込んで15,000円も割れそうなくらい危ない匂いがプンプンしています。

ドイツ銀行が以前からヤバいといわれていたのは、知っていましたがなぜこのタイミングで?どこかが仕掛けてきたのか!?と疑うばかりです。

ドイツ銀行の株価は昨日急落をはじめ、同行の※CDS(クレジットデフォルトスワップ)が16%台にまで跳ね上がってきたことが原因の様ですがなにかしっくりといきません。
※会社の倒産に対する保険の様な金融商品利回りが上がる=倒産リスクの上昇

調べてみると、ドイツ銀行のデリバティブ取引の規模が非常に大きいことが一因の様です。なんと、その保有残高が54兆7000億ユーロ(約7100兆円)ほどあるというのですから驚きです。これは、ドイツのGDPの規模である3兆ユーロ(390兆円)の18倍に当たる規模となります。

ちなみに、リーマンブラザーズの負債総額は約6000億ドル(約64兆円)でしたから、その規模がいかに異質なものかが分かります。

さらにさかのぼると、昨日はギリシャの株価が急落しており、ドイツ銀行はギリシャ関連のデリバティブが多い⇒ドイツ銀行の株価売り・CDS価格の上昇という流れになったようです。でも、なんでギリシャがという疑問が生まれるのですが、現時点ではこれ以上のことは分かりませんでした。
恐らく、ギリシャの金融機関が再び焦げ付き始めているのでしょう。数日も経てば何かしらのニュースが出ると思われます。

ここで焦点となってくるのが、ドイツ銀行デリバティブ取引がどういったものかということです。個人投資家さんお間で話題になりましたが、これらのデリバティブの何割がヘッジなしなのかということでリスクが大きく変わってくるでしょう。

また、ドイツ銀行の自己資本比率でみると11.5%と三菱東京UFJFGと変わらないのではという意見も出ており、真相はまだ分かっていないというところ。

さらに、ドイツ銀行ということもあってユーロドルが大きく売られたものの、日本の震災の時のように、『ドイツ銀行にもしものことがあったら保険会社が海外資産を売却するからリパトリが起きるのではないか?』という思惑とドル円の下落によるドル売りから急騰する事態に!

ユーロドル15分

単純にユーロを売った自分は、最終的には踏みあげられ、ひっくり返してなんとか損を押さえることしかできませんでした。

ドイツ銀行の次はどこだ!?

昨晩20時過ぎにニュースが出てから、本日の欧州市場は横ばいでスタート。やや落ち着きを取り戻した様子がみられます。

ここで、以下の2つのリスクが考えられます。

1.同様の材料が発掘される

だいたいこういったニュースが出てきた時には、Who is nextと次の同様の材料を探しに行くものです。フォルクスワーゲンショックの時には、BMWもアウディもそうだと次々に飛び火してきました。

今回も、それと同じことが起きるのではないでしょうか。

恐らく、JPモルガンは?シティバンクは?バークレイズはどうだと昨夜のうちにせっせと根掘り葉掘り調べ上げ、今日明日にはなにかしらのレポートがリリースされ、そこに乗っていた銀行の株価が下落するという流れが想像できます。

2.格下げのリスク
もうひとつのリスクは、格付けでしょうか。
現在、ドイツ銀行の格付けはBBB+と高いとはいえません。
これが格付けされるという噂が流れようものなら、再び株売り債券買いの流れが始まります。

為替は円が最強通貨となり、オセアニア通貨を筆頭に売り込まれリスク回避の流れが加速するのではないでしょうか。

年初からの世界的株安により、各金融機関やファンドは相当痛手を負っていることでしょう。

こういった時に、どこかの大きなファンドが破綻しそうだとか、あの銀行が巨大な損失を抱えているなどといったニュースが出てきやすいものです。

さらに、ドル円に関していえば、『日銀によるレートチェック』などで一瞬で100ポイントほど急騰する可能性があります。

利上に神経質なマーケットになり易く、どのような材料でレートが動くか分かりませんので、ポジションを取った直後にストップロスの設定は必ず入れておき、リスク管理を徹底しておきたいところですね。

志摩さんならどんな情報を流してくれるのか、今夜も楽しみです!

現役トレーダーの志摩力男 現在もファンド筋などとの交流は活発で鋭く世界を分析
志摩さん_670x90

top