FX初心者入門

サイト管理人のトレードについて

【著者】 児山 将

管理人のトレード歴について

このサイト(FX初心者入門)の運営者である管理人がFXを始めたのは、2009年の4月でした。当時のはリーマンショックの直後で、相場は非常に荒れており、ドル円も今にも100円を割り込もうとしていました。

FXを始めようとしたキッカケは就職活動でした。
当時は大学生で、なんとなく証券会社やコンサルタントに憧れ、とりあえず投資を始めてみようと株式投資を行おうとする。しかし、投資資金が足りずに広告でみたFXを始めることにいたりました。

管理人のプロフィール

愛媛県出身の都内在住、20代の会社勤めの投資家。
投資対象は、FXがメイン。日経平均、ダウ、商品等をCFDで取引しつつ、外為オプションや個別株まで幅広く投資しています。

・2009年 FXを始める。ビギナーズラックに合うが、その後強制ロスカットに遭遇。
・2010年 飲食店に就職し、フラッシュクラッシュで資金を飛ばしながらトントン
・2011年 震災後の暴騰で資金を大きく飛ばした後、会社を辞めバイトトレーダーへ
・2012年 順調に利益を伸ばすものの、クリスマス明けの急騰で利益をほぼ飛ばす
・2013年 金融系の会社に就職し、今度こそ順調に利を伸ばし、半年間連続でプラスへ
・2014年 年初の暴落で利を上げ、ポンドと豪ドルの下落で苦しみながら、爆益を得る
 ↑今ここ

投資スタイルは長めのデイトレが中心で、欧州市場~NY午前をメインに取引しています。
得意な通貨は、ドル円、豪ドルストレートですが、ユーロオージーなどのマイナー通貨やトルコリラなどまで手を出し、資金の流れを追いかけるとういう投資手法をメインとしています。

テクニカル分析はトレンドラインのみを使用し、サブとして、移動平均線とRCIを使用
ファンダメンタルズとポジション動向を武器に、独自の情報網を駆使し、ヘッジファンドのオプション動向や年金基金などの大玉の位置を把握し、トレンドの開始前にポジションを仕込み、トレンドの草創期に仕掛けることで週間最大パフォーマンスは100%を記録したこともあります。

億の運用はしたことはありませんが、8桁の運用経験はあり。

トレード環境はノートPC1台+モニター2台の3画面で運用しています。

トレード画面

そんな管理人の運用テクニックと知識が役に立てば嬉しいです。

top