FX初心者入門

FXは最低いくらから始められるのか?

【著者】 児山 将

FXを始めてみようと思った時に、どれくらいの資金で始められるのか分からないという人が多いのではないでしょうか。

このページでは、さまざなな通貨に投資する場合にどれくらいの資金が必要なのかを説明していきます。

ざっくりと説明してしまうと、一番有名な米ドル円だと5万円程あればどこのFX会社でも取引を始めることができます。
そして、ドル円が1円動くと1万円の利益となります。

それでは、詳しく説明していきましょう。

最低どれだけあれば取引できる?

まず、前提としてFXの取引単位からいきましょう。

FXの基本的な取引単位は1万通貨からです。1万通貨というのは現状の為替レートに1万を掛け合わせた価格になります。
具体的には、1ドルが100円の場合は(100円×10,000通貨)で100万円となります。

ここで、FXにはレバレッジという自己資金の25倍を動かせる仕組みがあります。
1日に20%も動くことのある株式と比較して、FXは1日1~2%しか動きませんので、この仕組みが利用できるのです。

ということは、必要投資金額は25分の1になります。

1米ドルが100円(米ドル円が100円)の場合に必要な投資資金は、以下となります。

100円 × 1万通貨 ÷ 25倍 = 4万円(必要投資資金)

厳密には、FX会社はほぼ毎週末に各通貨ペアの必要資金を提示していますので、若干の誤差(1,000~2,000円ほど)はありますが、上の計算式によって導き出せます。

1000通貨からの取引でもっと手軽にFX

近年多くのFX会社では、FXへの参入障壁を下げようと様々な施策を行っています。
そのなかに、1000通貨からの取引が可能なFX会社も多くあり、大手FX会社ではGMOクリック証券を除くほとんどの会社で1000通貨からの取引が可能になっています。

この場合、上記の例でいうと1万円を掛けるところが1000になります。

100円 × 1000通貨 ÷ 25倍 = 4千円(必要投資資金)

通貨ペア別の投資金額をみてみる

さらに具体的に投資金額を見てみましょう。

以下は、2016年3月29日15時ごろの為替レートです。
20160329為替レート
(参考:LION FX)

この為替レートはヒロセ通商で提示されたものです。

ですので、その週に取引に必要な証拠金が以下のように示されています。
取引条件一覧

ヒロセ通商は1000通貨からの取引が可能ですので、米ドル円(USD/JPY)が113.50円前後のこの週に1000通貨取引するのに必要な資金は4,600円となっています。

161円台の英ポンド円(GBP/JPY)だと、6,500円から。
76円台のニュージーランドドル円(NZD/JPY)だと3,100円からという具合です。

ただし、例外もあります。

南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソなどの通貨は、新興国で使われており、流通量が少なく値動きが激し傾向にあります。株式市場でも、東証一部の銘柄よりもマザーズやジャスダックの銘柄の方が値動きが激しいのと似ているイメージです。

これらの通貨ペアをレバレッジ25倍にしていると、思わぬ損をしてしまう可能性もあることから、FX会社でレバレッジを押さえるように取引条件を変更する場合場あります。

この時にヒロセ通商の場合は、以下のようにレバレッジを変更していました。

トルコリラ円のレバレッジを6.25倍ほどにし、通常は1000通貨1,600円ほどで投資できるトルコリラ円を6,000円に。
南アフリカランドのレバレッジを12.5倍にし、通常1000通貨300円ほどで投資できる南アフリカランド円を500円にしていました。

新興国通貨は時に大きな変動リスクがありますので、初心者が取引することはオススメできません。

対円以外の通貨ペアの投資資金

ここでユーロドル(EUR/USD)やユーロ英ポンド(GBP/EUR)などの、対円以外の証拠金の求め方も知っておきましょう。

対ドルの場合は簡単です。
例えば、ユーロ米ドル(EUR/USD)であればユーロ円(EUR/JPY)と同じ。ポンド米ドル(GBP/JPY)であれば、英ポンド円(GBP/JPY)と同じになります。

ユーロ米ドルが1.1188米ドルということは、その時のドル円の価格×ユーロ米ドルしたものが日本円の額になりますから、当然ですね。

もうひとつ例を挙げると、ユーロ英ポンド(GBP/EUR)はどうでしょうか。
上の画像にはありませんが、同時刻のユーロポンドの価格は0.7864となっています。
これは、1ユーロは0.7864英ポンドという意味です。

この時、1英ポンドは161.529円ですので、これを掛け合わせてみましょう。

161.529 × 0.7864 = 127.0264円

日本円の価格が出ましたので、後は同じです。

127.02円 × × 1000通貨 ÷ 25倍 = 5,080円

簡単ですね!

ちなみに、米ドル円は1日1円ほど変動しますので、1000通貨で30銭の値幅を抜けば300円の利益となります。
1万通貨であれば3,000円。10万通貨であれば3万円です。

この値幅は比較的現実的な数字といえます。

1万円以下と少額から資産運用を始められるFXを、この機会にぜひ始めてみて下さい。

top