FX初心者入門

FXの取引時間

【著者】 児山 将

株式取引は時間が限られていますが、FX取引は基本的に平日24時間可能です。

オセアニア市場と呼ばれる日本時間月曜日の早朝から土曜日の明け方まで、クリスマス休暇とお正月を除いて休むことなく取引が行われます。

これは、株式市場は各国の取引所で取引が行われているのに対して、為替市場はインターバンクと呼ばれる銀行間取引が行われているために、世界中の銀行が休みとなる土日以外は取引ができるようになっているのです。

外国為替市場は大きく分けて4つの市場に分かれています。

・オセアニア市場
・アジア(東京)市場
・ヨーロッパ市場
・ニューヨーク市場

これらの時間帯ごとに値動きの特徴があり、参加するプレイヤー(トレーダー)も異なります。

では、それぞれの時間帯ごとの値動きの特徴をみていきましょう。

オセアニア市場

時間帯:早朝~午後14時

為替市場の1日の始りはオセアニア市場からです。

前日の取り日があった場合は、ニューヨークのクローズ後となります。

基本的には夏時間は午前6時から取引が始まりますが、インターバンク間では、午前2時半ごろから取引が行われています。
ただ、その時間は流動性も低く、スプレッドも大きくなります。

6時以降も取引高は薄くいままですが、ニュージーランドの経済指標が発表されたり、週末にニュースが出た場合には乱高下する時間帯となります。

値動きの激しい通貨:オセアニア通貨

東京市場

時間帯:午前8時~午後16時
午前8時頃になると一気に取引高が増える為、ここでスプレッドが安定するようになります。
同時に一気に相場が動くのもこの時間で、早朝のトレンドが反転し行って来いとなることも多々あります。

9時には東京株式市場がスタートし、寄り付きでは為替市場も大きく動きます。
また、9時55分には仲値が発表されますので、ゴトー日(5と10がつく日)や月末には円安に振れやすくなります。

10時15分には中国人民元の中心レートが発表されます、稀に大きく元安に振れると、豪ドル安・株安に繋がります。
10時30分には中国株式市場がはじまり、シンガポールからのFXのプレーヤーも参入してきます。

ただ、11時~15時までは比較的穏やかな相場となります。
東京市場はユーロの値動きが特におとなしいという印象があります。

9時半や11時前後、14時などはオーストラリアや中国の経済指標の発表がある日は大きな変動要因となります。

14時頃になると、アーリーバードと呼ばれる欧州市場の早出の参加者が参入してきます。
15時の東京株式市場の引け時間には、ポジションクローズの値動きが起きることが多く、寄り付き同様に相場が一気に動くことがあります。

値動きのある通貨:日本円、オセアニア通貨

欧州市場

時価帯:15時~翌日2時

16時の欧州の株式市場の開始と共に、一気に値動きが出てきます。
この時間になると、欧州通貨が動き出し、ユーロ圏の経済指標の発表もあります。
17時からは英国の株式市場もスタートとなりますので、16時と17時は大きく動きやすい時間です。

しかしながら、19時頃になると欧州勢はお昼休みにはいる為、落ち着いた値動きになります。
そのため、短期的なトレンドもやや緩んでくる傾向があります。
ショートカバーが入り易いのもこの時間です。

値動きのある通貨:ユーロ、ポンド、ポーランドズロチなどのヨーロッパの通貨

ニューヨーク市場

時間帯:21時~6時

21時を過ぎる頃からアメリカの参加者が参入し、いよいよ為替の値動きはピークを迎えます。
米国の経済指標が発表されるため、かなり荒い値動きになることもあります。

米国の株式市場の開始は22時30分(夏時間)ですので、ここからNY株式市場の動向を見ながら取引がなされます。

23時(夏時間)にはNYオプションのカットオフタイムがあり、ここまでオプションを利用したトレードが盛んに行われます。
その反動で、大きなオプションが消滅した後は一気にトレンドが出てくるケースがあります。

午前0時(冬時間は午前1時)は東京の仲値に相当するロンドンフィックスに当たる為、月末になるとユーロやポンドの値動きが激しくなります。

午前2時を過ぎると、欧州の株式市場が終了となる為、やや値動きが落ち着きます。
稀に日経電子版のリリース時間である午前2時に記事内容で大きく動くことがあります。

そして、夜中でも米国は昼間ですので、FRBの要人発言があったり、米国の金融政策が発表される日もあり、深夜に大きく動くことがあります。

各国の株式市場と為替動向

それぞれの市場の値動きの特徴を捉えることも、FX取引で利益を上げる為のコツといえますね。

1日のタイムスケジュール

1日の流れを夏時間でタイムラインにしましたので、ご参考にどうぞ!

6時:オセアニア市場スタート
8時:東京勢が参入し取引高の増加
9時:東京株式市場スタート
9時55分:東京仲値
10時15分:中国人民元公表
10時30分:中国株式市場スタート
14時:アーリーバード参入
15時:東京株式市場クローズ
16時:欧州市場スタート(ドイツ株式市場開始)
17時:ロンドン株式市場開始
21時:ニューヨーク市場スタート
23時:NYカットオフタイム
24時:ロンドンフィックス
翌2時:欧州株式市場クローズ、日経電子版リリース
翌6時:ニューヨーク市場クローズ
         ↓
1日の取引が終了、ロールオーバー

top