FX初心者入門

2016年、米国大統領選挙はメキシコペソ買い?

【著者】 児山 将

今年のビックイベントである米国大統領選挙が11月8日に予定されています。
(開票日時は日本時間11月9日(水)の午後)

2回のTV討論会を経て、過去最低の大統領選挙、醜い争い。。などと揶揄されていますが、トランプ氏の失言は収まらず、ヒラリー・クリントン氏が優勢となっているようです。

にわかに後退し出したトランプリスク。
同候補は不法移民を防ぐためにメキシコとの国境沿いに壁を立てると発言したことで話題になりましたが、よくよくその内容を追ってみると、その資金はメキシコ側に出させるとこのとです。

そんななか、個人投資家がトランプリスクの後退 ⇒ メキシコのリスク後退ということで、メキシコペソ買いに動いているようです。
参考:ミセス・ワタナベ、「トランプトレード」に勝機?(10/4)

早速日足チャートを見てみると、以下の通り。

MXNJPY-d

ほぼ連日、順調なまでに上昇していることが分かります。

9月に入ってからの下落はトランプ氏が優勢と伝えられたことでの下落ですから、その下げ幅を猛然と埋め始めたということになります。

この5.00という水準は長期的にもかなりの安値水準。

MXNJPY-m

このままクリントン候補が当選となれば、5.60-5.80付近までは上昇するのではないでしょうか。

メキシコのファンダメンタルズ

そもそもメキシコの政策金利は4.75%と南アフリカランドに次ぐ高金利。

対円では5円台ですから、1万通貨の購入に必要な証拠金は約6千円程度。
同じ高金利通貨のニュージーランドドル円を1万通貨ペア購入するには約3万円必要なのをひかくすると、メキシコペソの方が手掛けやすいのは分かる気がしますね。

ニュージーランドドル円とメキシコペソ円を同じ金額保有すると(メキシコペソ5万通貨:NZドル円1万通貨)スワップ金利もほぼ同じです。
そうなると、目先は値上がり益も見込めるかもしれないメキシコペソ円は魅力があるように思えますね。

メキシコのGDPを見てみると、かなり経済発展しているとはいえ新興国さながらの高い成長がみえます。

メキシコGDP
(出典元:世界経済のネタ帳)

さらにメキシコは今年に入って3回の利上げを行っており、高金利を求める投資マネーの流入も期待できます。

政策金利の推移

メキシコペソ円の取り扱い通貨ペア

最後にメキシコペソを取引できるFX会社を紹介します。

正直、ペソの価格やチャートは初めて見ましたし、今回のニュースで意外にも流動性が高くちゃんと取引できるのだということを知りました。

大手FX会社では外為どっとコムとヒロセ通商が取り扱っていました。

FX会社 外為どっとコム ヒロセ通商
メキシコペソ円のスプレッド 1.5銭 13.1銭

ヒロセ通商はメキシコペソ/米ドル(9.6pips)の取引もできるのですが、どうみても外為どっとコムで取引した方が良いですね。

というより、このマイナー通貨をスプレッド1.5銭って。。どうやって提供しているのでしょうか。

トランプ大統領の実現は幻となり、米国初の女性大統領誕生となるのか!

大統領選挙の動向とメキシコペソから目が離せません。

外為どっとコム

top