FX初心者入門

レバレッジとは?

【著者】 児山 将

自己資金の25倍を動かせる

FXでは、2014年現在、口座にある投資資金の25倍の金額を動かせることができます。

この仕組みを、レバレッジといいます。
「レバレッジ」とはテコの原理のことで、小さな力で大きなものを動かすテコの如く、少ないお金を担保にして、大きなお金を動かすことが可能なのです。

2010年8月以前は、レバレッジが規制されておらず、400倍という信じられないくらい高いレバレッジを使用できる会社もありましたが、ギャンブルのようにFXトレードを行う人が出てきてしまい、トレーダーの損失抑制の為に、
現在、個人でかけられるレバレッジは25倍までとなっています。

3rd

しかし、なぜ少ない資金で大きなお金を動かせるのか気になりますよね。

それはFXが証拠金取引と呼ばれるものだからです。

証拠金=担保と考えてもらえば良いのですが、全ての投資資金を用意する必要はないので、これだけは用意して下さいというものが証拠金なのです。

株式取引だと、値動きが激しく、ストップ安などになると、投資資金の25%が目減りしてしまいます。
これだけ値動きが激しい投資商品に、レバレッジが25倍だとどうでしょうか。

証券会社も顧客が損失を出しても、資金がショートして穴埋めができないとなると証券会社が損をしてしまいます。

そういうこともあり、株式取引の信用取引のレバレッジは3倍なのではないでしょうか。

FXではせいぜい1日に2%程度しか相場が動きませんので、25倍という高いレバレッジが適用されていても大丈夫なのです。

top