FX初心者入門

ロンドンフィックス

【著者】 児山 将

ロンドン時間の仲値

ロンドンフィックスとは、いわゆる東京時間の仲値(9時55分)に相当する時間です。
日本時間午前0時(冬時間は、日本時間午前1時)に、各銀行が発表する対顧客向け基準レートや投資信託の基準レートが決定します。

また、この時の値動きを考慮して、オプションでヘッジしている投資家も多く、かなり複雑な値動きとなります。

つまり、その時間の為替レートが、その日一日の外貨の両替のレートや、海外企業との取引レートとなるため、様々な思惑が働きます。この時間帯に向けた、ドル需要やユーロとポンドの実需の思惑が飛び交い、値動きが激しい時間帯となります。
特に、月末月初は非常に激しく動きます。
ドルよりも、ユーロ圏と英国の取引の思惑が錯綜するために、ユーロドルやユーロポンドが大きく動きやすく、断続的に上昇したり、突然、大口の売買が入ったりするため、非常に注意が必要です。
毎月、この時間に絡む売買の噂はマーケットに流れますので、チェックしておいて損はないでしょう。
また、有名な個人投資家さんのブログや、Twitterを確認することも効果的です。
上手く流れに乗れれば、同方向に1時間程度で100ポイント以上一気に動くことがあります。
下手な逆張りは禁物ですね。

なにより取引量が多いロンドンタイムとあって、投信の設定などの買いや、23時のNYカットのオプションに絡む売買などもあり、月末でなくとも相場を大きく動かすポイントとなる重要な時間です。

ロンドンフィックス
ちなみに、日本時間の仲値は基本的に輸出企業が多いため、ゴトー日(5日、20日など)や月末・月初はドル買いが入り、ドル円は上昇しやすい傾向にあります。
ロンドンフィックス前後の為替の動きには、いつも要注意です!

top