FX初心者入門

ストリーミング注文

【著者】 児山 将

注文した値段で売買できるストリーミング注文

ストリーミング注文とは、売買の注文を出した時に、注文を発注した時の値段で売買できる注文方法です。
成行注文と似ていますが、異なっている点はそこになります。マーケットが穏やかな場合は、注文した時と、実際に売買できる値段は変化しないことがほとんどです。しかしながら、値動きのあるマーケットになると、実際に注文を出してから約定するまでに値段が動いてしまう場合があります。

ストリーミング注文は、その約定値段のズレを防止し、自分の買いたい値段・売りたい値段で売買できるということになります。いわゆる、ベストプライスで売買したい場合に使用すると良いでしょう。

しかしながら、値動きが激しい相場では、「とにかく売りたい」、「とにかく買いたい」、「保有しているポジションを決済したい」という場合があると思います。
その様な時は、多少値段が動いても成行注文で売買した方がメリットが高いのではないでしょうか。
近年のFX会社の発注機能、発注スピード(約定力)も速くなってきており、またスリッページ設定ができる会社がほとんどですので、かなり便利に注文を行うことができます。
良い値段でポジションを取る為、利益確定をできる為、素早い損切りができる為に、使い分けてみましょう!

※スリッページとは、注文を出してから約定するまでの値段の差のことをいいます。

top