FX初心者入門

米国雇用統計

【著者】 児山 将

最重要の経済指標

米国雇用統計とは、アメリカの雇用情勢を発表する経済指標で、主に「失業率」と「非農業部門雇用者数」が注目されます。

発表は毎月金曜日の21時30分です。
※稀に第2週の場合もあり
 冬時間は22時30分

世界経済をつかさどるアメリカの雇用情勢は、世界の景気を映しているともいえます。
ですので、投資家は毎月この時間を固唾を呑んで見守ることになります。

雇用状態は個人の消費や企業の生産活動すべてに関わっており、また、失業率が高いと政治的な問題やデモも起こり易いため、金融政策にとって重要な判断基準となります。
つまり、雇用統計の結果により米国の金融政策の先行きを予想するとこができるともいえます。

加えて、アメリカは個人所得がGDPの7割を占めるというのですから、他国の雇用統計よりもより現状の経済状況を表しているといえます。
雇用されている人が多ければ、消費伸びることは間違いないですからね。

そして、雇用統計の結果は世界中の株価に影響することとなります。
まず、良い結果が出れば米国株は上昇に転じます。そして、市場が開いている欧州の株価も上昇します。そして、翌日になれば日本の株式市場が上昇することになります。
基本的に、米国の雇用統計の結果が良いとドル円が上昇し易い為に、日経平均にとっては良い上昇材料にもなります。

そういったこともあり、投資家はこの指標に敏感に反応します。

雇用統計の見方

では、簡単に雇用統計の読み解き方を説明しましょう。

主な注目指標は「失業率」と「非農業部門雇用者数」です。

まず、失業率ですが、その名の通り労働人口における就業者数の割合です。
しかし、小数点以下は四捨五入されるため、0.1%程度のズレはあまり反応しません。
さらに、集計期間の問題から1ヶ月ほど実際の雇用情勢と遅れて反映されます。

雇用統計の中でも、一番注目が集まる数字が非農業部門雇用者数です。
こちらは、予想値が外れることが非常に多く、毎回予想値と結果の差が数万人ほど上下にぶれる為、マーケットも一斉に大きく動きます。

例えば、だいたい5万人以上も上振れる好結果となった場合は、かなりの確率で発表後数十秒の間に1円以上の大暴騰になります。

雇用統計
(参考:みんなの外為 米ドル/円 × 米・非農業部門雇用者数 / 失業率(雇用統計)過去12回のチャート

上は、2014年10月に発表された米国雇用統計の値動きです。

ご覧の通り、発表前にドル円の売りポジションを持っていたとなると、悲惨なことこの上ないですね。

更に、前月、前々月に発表された数字の改定値も発表される可能性がある為、その場合は更なる乱高下の原因になります。

FX初心者の多くは、この雇用統計の存在や重要性を知らずに、大損を引き起こすといったことがありますので、ポジションを持って雇用統計を迎えることは厳禁です。

外為どっとコム

top